日本人留学生体験談 百瀬朱莉さん

RMC International Student百瀬 朱莉 さん
社会学専攻/フランス語・音楽学副専攻

幼少期に住んでいたことのあるバージア州、またニューヨーク周辺とボストン周辺の地域の大学から生徒数が少なく一クラスの人数が少ない学校を中心に6校に絞り、より学校を理解するために学校訪問を行うことにしました。6校の内、学校訪問について問い合わせても返信が来るのに時間がかかった学校や、全く返信がなく結局訪れることができなかった学校がありましたが、R-MCは毎回すぐに返事が来たため訪問する前から安心感がありました。

学校訪問当日、初めての学校訪問だったのでとても緊張していましたが暖かく出迎えてもらいました。ツアーガイドの生徒がキャンパスを案内してくれた際に、施設を普段どのようにして使っているか詳しく話してくれたのでとても参考になりました。ほとんどの生徒がネイティブという環境で授業についていけるのか心配していましたが、ツアーガイドが苦手な歴史の授業を取った時に教授がとても親身になって個別に指導してくれた話を聞き、不安が和らぎました。さらに、他の生徒によって無料でレポートの添削やプレゼンテーションの練習、さらに授業でつまずいた箇所を教えてもらえるアカデミックサポートを知り、生徒に対するケアの手厚さに驚き印象的でした。

キャンパスの施設を見学した後に教授や大学の国際教育課で働いている日本人の方とお話しする機会まで設けていただいたので、他大学よりもより深く学校の様子を知ることができ、それまで漠然としていたアメリカでの学生生活を具体的に想像できました。学校訪問の後も、唯一R-MCからフォローアップメールや誕生日にお祝いのメールが届き、普段から生徒がひとまとめではなく一人一人にあった対応をしているのではないかと感じられました。

学校訪問後、6校から3校に志望校を絞り受験しました。3校全て合格したのでどの大学に進むか決めるのにとても悩みましたが、最終的に決め手になったのはR-MCの圧倒的な生徒に対するケアの手厚さです。決め手になった手厚いケアに、入学してから何度も助けられているので大学をここに決めてよかったと思います。

RMC Fountain Plaza
  • R-MCの特徴

    R-MCの特徴は少人数のクラスです。そのため、教授と生徒との距離が近く授業や課題への質問があった場合に質問しやすく、留学生として授業に不安を抱えたとしてもすぐに相談できる環境にあるのは日本人のみならず留学生全員におすすめできる点だと思います。

RMC International Week Student Dancing
  • 留学中の課外活動

私は入学してからずっとInternational Interest Group (IIG)という学生団体に所属しています。毎年11月に行われるInternational Education Weekという国際的な意識を高めるための週間では、IIGが主体となり”Passport Around the World”と”International Showcase”の二つのイベントを開催しています。Passport Around the Worldはメンバーが外国のブースを作り、説明するイベントです。大学の生徒だけでなく地元の小学校の子供たちも遊びに来てくれるので毎年楽しく賑やかに開催されます。International Showcaseではメンバーが様々な国々特有のパフォーマンスをするイベントで、私は日本舞踊を踊らせてもらいました。アメリカで、大好きな日本の伝統文化を知ってもらえる機会があるのはとても嬉しく楽しいので、課題の多い学校生活の中で毎年楽しみにしています。